肝斑について詳しくなって正しいケアを実施

綺麗な肌を取り戻すために必要なこと

婦人

治療の口コミ

ここでは、美容クリニックを利用してレーザートーニング法を受けた方の口コミについてまとめています。また、従来のレーザーと最新のレーザー治療との違いについても説明しているので参考にしてください。

READ MORE
女の人

治療の流れ

初めての美容クリニックは緊張しますよね。カウンセリングの予約方法や施術までの流れを事前に確認しておけば、少しは緊張も和らぐはず。治療代の支払い方法やローンの組み方についても記載しているので、目を通してみてくださいね。

READ MORE
レディ

注意したいこと

このページでは治療して綺麗になった肌の状態を維持するために、そして肝斑の再発を防止するために避けるべき刺激について学べます。しっかり勉強して、美しい肌を手に入れましょう。

READ MORE

肝斑の基礎知識と治療方法

ウーマン

肝斑ってなに?

肝斑は薄茶色のシミのようなものを指し、30歳~40歳代の女性に多く見られる症状です。
肝斑は日本人にできやすいと言われており、特に皮膚の色素が濃い人ほど肝斑ができる傾向にあると言われています。

肝斑の特徴

肝斑は一般的に顔にできるシミのことを言います。
その特徴は、左右対称にできることです。
30歳~40歳代に多いと説明しましたが、実はピルを飲んでいる方や、更年期の方、妊娠している方にも見られることがあります。

肝斑は治るのか

妊娠期に現れる肝斑は、主に妊娠3ヶ月から4ヶ月ごろです。
この時期に肝斑が少しずつ出てきますが、出産後には段々と薄くなって消えてしまうのが一般的です。
しかし、肝斑が消える期間には個人差があるため、どうしても気になる方は一度専門のクリニックに相談してみるといいでしょう。

女性ホルモン

妊娠期に現れるということから、肝斑の出現には女性ホルモンが関係しているのはないかとも言われています。
また、ストレスもその発生に関与していると考えられています。
確かに女性ホルモンのバランスが崩れるとちょっとしたことでイライラしてまいますよね。
肝斑を予防するために、なるべくストレスを溜めないように過ごしたほうが良いかもしれませんね。

紫外線と肝斑

肝斑は皮膚の色が濃い人に多い傾向にあると説明しました。
皮膚の色が濃いというのは、細胞内のメラニンが多いということです。メラニンには、紫外線から私達の細胞を守る働きがあるのですが、その紫外線がきっかけで、メラニンが異常に生成されてしまい肝斑ができてしまうこともあります。
そのため、紫外線はなるべく避けた方が良さそうです。

聖心美容クリニックの評判を大特集☆
目の下のクマで悩んでいるなら要チェック!【PR】
肝斑・そばかすにもう悩まない!大阪で評判のクリニック。
豊富な治療法と確かな実績。

新着情報

目を通しておきたいQ&A

肝斑って自然に治るの?

妊娠期を除いて、なんの対処もなしに肝斑が治ることはありません。
しかし、薄い肝斑であればちょっとお化粧方法を工夫することで、上手く隠すこともできますよ。コンシーラーなどを上手く活用してみてくださいね。

そばかすも肝斑なの?

そばかすは肝斑とは異なり、5歳~6歳頃によく見られるシミです。大きさは米粒程度で顔の皮膚にたくさんできます。
そばかすも肝斑と同じように自然に消えることはないので、気になる場合は大阪にも専門のクリニックがあるので肝斑と一緒に治療することができますよ。

どんな治療方法があるの?

肝斑の治療にはレーザーを用いたり、内服薬で治療したり、ビタミンCを導入したりする方法があります。それぞれの方法にはメリット・デメリットがあるので、それを理解した上で治療法を選択しましょう。

保険は適応されるの?

肝斑治療は、基本的に保険適応外です。
保険が適応となるのは、病気の治療に対する医療処置であって、美容目的の医療処置に対しては保険を適用することができません。
そのため、治療費は全額負担となります。

どれくらいの費用がかかるの?

治療法にもよりますが、例えば、レーザートーニングと呼ばれる治療法では、初回が約8000円~10000円、二回目以降は約10000円~15000円の費用がかかります。
他にもセット料金などもあり、よりお得な料金で施術を受けることができますよ。