治療法やクリニックを選ぶ時の参考にしてください

治療の口コミ

婦人

レーザートーニング法

レーザートーニング法とは、弱い出力のレーザーを広範囲に照射することで、皮膚細胞内のメラニンを分解する治療法です。
出力が高すぎると、皮膚にダメージを与えてしまうのですが、最新の機械を導入しているクリニックであれば、ダメージを最小限に抑えながら治療をすることが可能ですよ。
例えば、大阪にあるクリニックでは、厚生労働省から認可を受けた最新のレーザー機器を使っているところもあるので、おすすめです。

除毛・引き締め効果もある

嬉しいことに、レーザートーニング法には、肝斑のシミを消す以外にも、産毛を除毛し毛穴を引き締める効果もあります。
この治療法を利用すれば、シミを消すと同時に肌を綺麗にすることもできるので大変おすすめですよ。

痛みも少ない

従来のレーザー機器は出力が強いため、痛みを抑えるために局所麻酔を使用していました。
しかし、最新のレーザートーニング法では、微妙な出力を調整できるようになったため、局所麻酔を使用せずに実施することができます。
全く刺激がないわけではないので、痛みに敏感な方向けに麻酔成分の入ったクリームを縫ってから実施することもできるので安心してくださいね。

知っておきたい口コミ

カウンセリングが丁寧でした

ずっと肝斑に悩んでいて、毎回のお化粧の時にコンシーラーで隠すのも面倒でした。カウンセリングでは、肝斑の症状や、治療法についてゆっくり詳しく説明してくれたので、安心して利用に望むことができました。

痛みはそれほど気にならなかった

レーザートーニングでのシミ取りをお願いしました。初めは痛いんだろうなぁと不安でしたが、実際に治療を受けてみると、ほとんど痛くなくてびっくりしちゃいました。きっとレーザー前の塗るタイプの麻酔のおかげだと思います。

腫れが気にならなかった

私は肌が弱くちょっとしたことで荒れてしまいます。だからレーザートーニングの治療後は、肌が赤く腫れないか心配でした。少し赤くなったけど、気にするほどでもなかったので、よかったです。

毛穴の黒ずみもとれた

肝斑のシミを取るためにレーザー治療を受けたんですけど、ついでにビタミンCを使って、毛穴の黒ずみも一緒に綺麗にしてもらえました。お値段もお手頃だったので、他の部分もしようかなと検討中です。

化粧ノリが良くなった

私はついこの前、肝斑の治療を終えました。10回のセットで治療したのですが、綺麗に肝斑が消えて大満足です。それだけじゃなくて、肌のきめも細やかになったので、化粧ノリが良くなっちゃいました!