肝斑の再発を予防する方法についてお教えします。

注意したいこと

レディ

ストレスに気をつける

せっかく肝斑の治療を受けても、再発してしまったら意味がないですよね。
再発を予防するために、ストレスを溜めないようにしましょう。
ストレスは自分が気づいていないところでも少しずつ溜まっていきます。
全くストレスを溜めないようにすることは難しいので、ストレスを発散する方法を見つけましょう。

紫外線に気をつける

肝斑やシミは、細胞内のメラニン色素が異常に増えることが原因で引き起こされます。メラニンは紫外線の影響を受けて増えるため、紫外線に肌を暴露しすぎないように注意しましょう。
日焼け止めを塗ったり、帽子や防止を活用したりして紫外線の刺激を弱めるようにするといいですよ。

機械的刺激

機械的刺激も肝斑の原因のひとつです。具体的には、メイク落としの時にゴシゴシこすったり、必要以上に顔をマッサージしたりすることです。
これらの刺激を与えると、肌の細胞は紫外線の刺激を受けたと勘違いしてしまい、細胞を守るためにメラニン色素を生成してしまいます。

化粧品にもこだわりましょう

化粧品は、肌に合っているものは良いのですが肌に合わない化粧品を使っていると、それが刺激となって肝斑再発の原因となってしまうかもしれません。
また、化粧持ちを良くするために、防腐剤が多く含まれた化粧品は、肌への刺激になる恐れがあるため避けたほうが良いでしょう。
化粧品を使った時に肌に痛みを感じたり、化粧後に肌が突っ張るような感じがしたりした時には、違う化粧品を検討してみてください。

刺激を避けて再発を防ぎましょう

ここまで、再発の原因になりやすい肌への刺激について説明しました。治療を受けることで、肌は以前より綺麗になっているはずです。肌への刺激を理解して、その美しさを維持しましょう。大阪のクリニックでは、アフターケアの相談に乗ってくれるところもあるので、安心してください。